にきび

ヒゲを剃ったあとなぜか肌が荒れてしまい、にきびがひどくなってしまったというような経験をしたことはありませんか。

男性にとって毎日のヒゲの手入れは欠かすことのできないものですが、ヒゲ剃りをすることでにきびができてしまってはそれはそれで問題です。では、なぜ肌が荒れてしまったり、にきびができてしまうのでしょうか。

ヒゲ剃りによってにきびができてしまう原因は、剃刀の刃が肌を激しく傷つけてしまうからです。軽く刃を滑らせるだけでも皮膚の表面の角質層は簡単にボロボロになってしまいます。

角質層は肌を細菌などから保護したり、水分を蓄えてうるおす障壁のような機能をしている大切な場所です。この角質層がボロボロになってしまっては水分を失いカサカサになって荒れてしまい、細菌への抵抗力が下がって、にきび菌に感染しやすくなってしまうというわけです。

にきびができないようにするためには、肌をなるべく傷つけないようにすることが必要です。傷つけないようにするには、正しい方法でヒゲ剃りをすることが大切です。

特に注意するポイントは剃る前にしっかりと髭に水分を含ませて柔らかくすることと、剃るときには髭の生えている方向に上から滑らせるように力をいれないようにすることです。

また、ヒゲを剃った後にクリームなどで保湿をしましょう。にきび肌に適したクリームを使えばより効果的です。

剃刀は清潔にしておきましょう。使ったあとは綺麗に洗って乾燥させて、雑菌が繁殖しないようにしましょう。刃に雑菌がついていると、次にヒゲ剃りをしたときにその雑菌を肌にすり込んでしまう事になってしまいます。

関連記事

ピックアップ記事

ヒゲ脱毛【クリニック】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめのクリニック(病院)をランキング形式で紹介します。 ゴリラクリニックの「ヒゲのゴリラ脱毛」とは、脱毛…

ヒゲ脱毛【脱毛器】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器をランキング形式で紹介します。 一照射当たりの処理面積が広いフラッシュ方…

ヒゲ脱毛【サロン】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンをランキング形式で紹介します。 大手のメンズエステが行っているヒゲ脱毛です。脱毛効果が高…

ページ上部へ戻る