ヒゲ髭はなぜ生えるのか

ヒゲが生え始めるのは大体、小学校高学年から中学生にかけての思春期の時期です。

思春期に起きる第二次性徴によって、脳から身体に指令が出されて男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンがそれぞれたくさん分泌されるようになります。

この男性ホルモンによって身体にたくさんの変化を与えます。骨が太くなって、肩幅が広くなり筋肉もついて、がっちりとした男らしい体格になります。また、喉仏が出てきて声変わりをするのも男性ホルモンの影響です。

さらに、男性ホルモンは体毛を濃くする働きもあります。これによって、胸毛やすね毛など全体的に生えていた産毛は硬く、濃いものへと変化していくのです。ヒゲもこれらと同様で顔に生えていた産毛が、硬くて濃いヒゲへと変わっていくというわけです。

女性にヒゲが生えないのは、男性ホルモンが少ないからというわけですね。しかし、逆に言えば男性ホルモンが多めの女性には髭が生えてくるということにもなります。

ヒゲがどのようにして生えてくるかは分かりましたが、なぜ生えてくるのでしょうか、必要性の話です。実は、これに関しては定かにはなっていないそうです。ただ、ヒゲ以外の体毛の役割としてはいくつかあります。

まずは、皮膚を護るということで物理的な衝撃がきた際に毛がクッションの役割をして、衝撃をやわらげてくれます。また、保湿機能と断熱機能も備わっています。紫外線を遮るという機能も備わっています。

感覚器官としても働いており、非常に小さい振動などを察知するセンサーの役割があって、脱毛をするとしてない人よりもセンサーの能力が低下して、不器用になってしまうこともあるようです。

関連記事

ピックアップ記事

ヒゲ脱毛【クリニック】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめのクリニック(病院)をランキング形式で紹介します。 ゴリラクリニックの「ヒゲのゴリラ脱毛」とは、脱毛…

ヒゲ脱毛【脱毛器】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器をランキング形式で紹介します。 一照射当たりの処理面積が広いフラッシュ方…

ヒゲ脱毛【サロン】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンをランキング形式で紹介します。 大手のメンズエステが行っているヒゲ脱毛です。脱毛効果が高…

ページ上部へ戻る