剃刀負け

剃刀負けとは、髭などの体毛を剃刀で剃ったときに体毛だけでなく皮膚まで削ってしまい、切れて痛かったりかゆくなったりして炎症を起こしてしまうことです。

剃刀負けを起こす原因はいくつかありますが、主なものをいくつか紹介します

まずは髭の剃り方に問題がある場合です。正しい方法で髭剃りを行えば多くの場合は剃刀負けを克服することができます。まず髭を剃る前にしっかりと髭に水分を含ませて髭を柔らかくしましょう。

シェービングブラシで石鹸を泡立てながら顔に塗るときには毛穴の汚れを落として、髭の根元まで水分を含ませるように意識しましょう。

そして、剃るときには必ず髭の生えている方向に沿って上から下へ剃刀を滑らせるように、必要以上に力を加えないようにしましょう。刃を逆目に当てて逆剃りを行うと肌にとても大きな負担がかかってしまうので肌の弱い人は特に注意が必要です。

次に剃刀に問題がある場合です。まず、とても初歩的なことですが刃がなまってしまって切れ味が落ちたものを使用していれば当然なかなか剃れずに何度も力をいれて剃刀を肌に当てることになるのできちんと刃のメンテナンスを行いましょう。

また、剃刀そのものの重量にも気をつけましょう。適度な重量のものであれば剃刀自体の重さで剃り落とすことができ、手に余計な力を加える必要もないのですが、軽いものだとどうしても手に力が加わって肌まで傷つけてしまう可能性があります。手に力がはいらないように注意して剃るといいでしょう。

上記の2点を気をつけても尚剃刀負けをしてしまうほど肌が弱いという人は肌に何らかの問題があるかもしれないので専門の医師診てもらうといいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

ヒゲ脱毛【クリニック】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめのクリニック(病院)をランキング形式で紹介します。 ゴリラクリニックの「ヒゲのゴリラ脱毛」とは、脱毛…

ヒゲ脱毛【脱毛器】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器をランキング形式で紹介します。 一照射当たりの処理面積が広いフラッシュ方…

ヒゲ脱毛【サロン】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンをランキング形式で紹介します。 大手のメンズエステが行っているヒゲ脱毛です。脱毛効果が高…

ページ上部へ戻る