日焼けはよくない?

q2日焼けはよくない?

a2夏などの日差しが強い時期にレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を受けるためにエステサロンやクリニックに予約をすると必ず日焼けをしないように注意をされます。

なぜ日焼けをしてはいけないかというと、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の方法に原因があります。これらの脱毛方法はメラニン色素という黒い色素に反応するレーザーや光を当ててメラニン色素でできている毛根組織を破壊するという方法です。

日焼けをして肌が黒くなる原因もメラニン色素であり、日焼けをした肌はメラニン色素が多い状態になってしまっています。肌がそんな状態でレーザーや光を当ててしまうと肌にものすごいダメージを与えることになるのです。

さらに日焼けをした肌は乾燥した状態になるので処置を受けるときに痛みを感じやすくしてしまい、全体的に黒くなった肌にレーザーや光が反応して痛みが倍増します。

肌へのダメージを抑えるために処置を行うときにはレーザーや光の出力を低くしなければなりません。そうすると肌へのダメージというリスクを抱えて行う上に効果が薄くなってしまうのです。

痛い思いをして処置を受けたのに効果がほとんど出ず、しかも肌も傷つけてしまうなんてことになってしまったら目も当てられませんね。日焼けがひどい場合だとそもそも処置を受けることもできずに色が抜けるまで見送らなければなりません。

日焼けを防ぐために日焼け止めクリームを塗るなどしてきちんと対策しておくといいでしょう。ニードル脱毛の場合は特に問題はありません。

関連記事

ピックアップ記事

ヒゲ脱毛【クリニック】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめのクリニック(病院)をランキング形式で紹介します。 ゴリラクリニックの「ヒゲのゴリラ脱毛」とは、脱毛…

ヒゲ脱毛【脱毛器】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器をランキング形式で紹介します。 一照射当たりの処理面積が広いフラッシュ方…

ヒゲ脱毛【サロン】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンをランキング形式で紹介します。 大手のメンズエステが行っているヒゲ脱毛です。脱毛効果が高…

ページ上部へ戻る