部位によって効果に差がでる?

q2部位によって効果に差がでる?

a2レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の場合ですが、部位によって効果が出にくいということは厳密にはありません。

ありませんが、ヒゲの密度が濃い場所には高い出力でレーザーや光を当てると危険なので出力を上げられず、結果的に脱毛効果が出にくくなってしまうということはあります。

一般的に密度が濃いとされているヒゲの部位は鼻の下や口の下ですが、これらの部位に高出力のレーザーや光を当てると毛根組織を破壊するとともに肌が全体的にひどい火傷を負ってしまうというリスクがあります。

このようなリスクを避けるためにヒゲの密度が濃い部位は他の部位に比べて出力を低くして処置を行われることが多いです。なので、ヒゲの密度が濃くて、低い出力で処置しなければならない部位は高い出力で処置される部位と比較したときに効果に差が現れてしまうというわけです。

しかし、処置の回数を重ねることで濃かった部位もだんだんと薄くなっていくので出力を上げていくことができ、他の部位と同じ出力で処置をすることができます。なので、最終的には時間的にほとんど大差なく全体的に脱毛が終わり、きれいに仕上げることができるので安心してください。

ニードル脱毛の場合も部位によって効果に差が出ることはありません。こちらは毛穴一つ一つに針を刺し込んでいくという方法なので、密度が濃い場所でもただ数が多いだけなので処置に長い時間がかかってしまいますが、全体的に同じように脱毛ができてきれいに仕上がるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

ヒゲ脱毛【クリニック】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめのクリニック(病院)をランキング形式で紹介します。 ゴリラクリニックの「ヒゲのゴリラ脱毛」とは、脱毛…

ヒゲ脱毛【脱毛器】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛器をランキング形式で紹介します。 一照射当たりの処理面積が広いフラッシュ方…

ヒゲ脱毛【サロン】ランキング

ヒゲ脱毛におすすめの脱毛サロンをランキング形式で紹介します。 大手のメンズエステが行っているヒゲ脱毛です。脱毛効果が高…

ページ上部へ戻る